無料ブログはココログ

堆肥

2014年3月19日 (水)

生ゴミの水切り不要です。だって乳酸液につけておくから腐りません。

三角コーナーはうちにはありません。

野菜や果物の皮が水に濡れていても、そのまま水キムチのような乳酸発酵液に一晩つけるだけだからです。

でも部屋に置いていても全くにおいがありません。ただ食品残渣のうち肉魚残渣だけは確実に分別してふたのある小さな入れ物に入れておきます。そうすることで腐敗臭を防ぐことが出来ます。

水キムチを置いておいてもニンニク臭がするだけで腐ったにおいがないように野菜果物残渣もこの液に一日二日漬けておいてもにおいに変化はありません。

ただ長時間はダメです。畑の畝に穴を掘って野菜果物残渣を置き土をかけておきます。

腐らずに乾燥して土に戻ります。

肉魚残渣は、蓋付きバケツに乾いた土にヨモギ発酵液でつくったぼかしを混ぜたもので、サンドイッチ状態に重ねていき、いっぱいになったら二週間くらいおいて、畑に穴を掘って埋めます。

発酵しているので動物に荒らされることもないです。

コツはとにかく分別すること

野菜果物残渣は周りを乳酸菌でコーテイングして腐敗菌を押さえること、

また畑の水分保持の役目を持たせて野菜を大きくすることが出来るというメリットもあります。

でもスイカや瓜などはスズメバチを呼び寄せることになるので完全に土に埋めた方がいいと思います。

2014年3月 7日 (金)

乾燥した土生ごみ処理法

匂いのあるものを処理する時、乾燥した土ほど優れたものはないように感じます。

何よりお金がかからないし、容器が臭くなっても土を入れて水を少し入れてシャカシャカかき混ぜて水ですすぐと、あっという間に匂いがとれます。

ダイソーの200円ふたつきバケツもわが家には無くてはならないものの一つです。

生ごみ処理の中で野菜果物残渣以外のものは乾燥した土でサンドイッチにしてしばらく置いておく方法をとっています。

庭の土をよーく乾かしておきます。白っぽくなるくらいに。

それにぼかしをまぜます。たくさん入れません。すこしでいいです。これを200円バケツに

入れておきます。これが処理剤です。ほとんど土。

キッチンで出た肉や魚の骨、残飯などは1から2日分を用意します。

別の200円バケツにぼかし入りの乾燥土をそこに1㎝厚さに敷き詰めて、生ごみをいれます。コツは野菜果物残渣は別にすること、これが水分を少なくし腐敗をふせぐこつです。

匂いも少なくなります。

そして生ごみ一面に乾燥土を振りかけます。においもなくなります。あとはこれをバケツがいっぱいになるまでくりかえします。

いっぱいになったら最後が土で覆われた状態でふたをして庭の隅に次のバケツがいっぱいになるまでそのまま置いておきます。

最後は庭に穴を掘って埋めます。掘った土をかぶせて終了です。

忘れたころに土を掘ってみると鳥の骨や大きい魚の骨以外はほとんど土にかえってます。

その他のカテゴリー