無料ブログはココログ

« 我が家の簡単ぼかし | トップページ | 生ゴミの水切り不要です。だって乳酸液につけておくから腐りません。 »

2014年3月 9日 (日)

簡単野菜果物堆肥を畝にのせる

畑の固定畝の1メートルおきに簡単野菜果物堆肥を土に穴を掘って、どんどんバサーっとのせていきます。

のせた後は軽く土をかけます。またたまったらその上にサンドイッチのようにのせます。

匂いはなく猫も来ません。このアイデアは外国のキーガーデンです。

鍵穴のように作った庭に真ん中に堆肥枠を設けて水分と養分を土にしみわたるようにするというアイデアです。

私は直線畝のほうが好きなので、堆肥を3か所に分けて置いていきます。ただし肉魚たい肥は別のところに土の中の埋めて多めに土をかけます。

野菜果物堆肥は野菜のすぐ根元に置いておいても大丈夫です。畝の水分保持の役割を持たせようという考えです。それによって植物の根で土を耕してもらい、ミミズに堆肥を栄養分たっぷりの土に変えてもらいます。

しばらくして掘り返してみると、思ったより早く堆肥化することがわかりました。

今までいろいろ生ごみ処理を経験しましたが、匂いや生ごみをいつまでも見ないといけないとか、ひっくり返すのに重いなどの欠点がありました。

米ぬかは野菜果物堆肥には使わないほうがいいと思います。理由は匂いで、かえって臭くなる様な気がします。

« 我が家の簡単ぼかし | トップページ | 生ゴミの水切り不要です。だって乳酸液につけておくから腐りません。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 簡単野菜果物堆肥を畝にのせる:

« 我が家の簡単ぼかし | トップページ | 生ゴミの水切り不要です。だって乳酸液につけておくから腐りません。 »