無料ブログはココログ

2014年4月11日 (金)

冷蔵庫の側面の熱を利用して種の芽だし

種の芽だしにビニール袋に入れて体の熱を利用して、というのはありますが、私は冷蔵庫の側面に麻布をしめらして種を包み、ポリエチレンの袋に入れて、マグネット書類ばさみでつるします。

それをカバーするように小さなフライパンをマグネットフックに引っかけてやはり冷蔵庫の側面につるします。大豆やインゲンは腐ってしまうことがあるので、それ以外の種の場合に行います。

1日~2日で根が少し出たところで普通にポットに種まきします。特におもしろいのがトウモロコシやオクラです。トマトやなすはしばらくかかるし、あまりに高い種の時はやめておきます。たまに失敗することもあるので、自己責任でお願いします。

2014年4月 8日 (火)

ぼかしの使い方

私のぼかしは天恵緑汁と糠と油粕でできています。匂いは発酵臭が少しするだけで、あまりありません。

天恵緑汁はヨモギという植物と黒砂糖でできています。本当は瓶や和紙がいりますが、私はなるべく生ゴミ処理に費用をかけたくないので、自分なりの簡単なやり方で作っています。なので本物とはかなりちがいます。

ヨモギを朝露が付いているときに集めてビニール袋に入れ、上から黒砂糖をふたつかみほど入れて全体をよく混ぜます。その時に堅い茎などで袋が破れやすいのでレジ袋と2重にするとよいです。混ぜたら空気をなるべく抜いて袋の口をくるくる巻いて軽くしばります。汁が漏れないようにボールやバケツに入れて上から重しをします。ヨモギの黒砂糖漬け物を作る感じです。3,4日すると黒い甘い匂いの汁がでます。それが簡単天恵緑汁です。

これと糠と黒砂糖と水でぼかしを作ります。作り方は今度書きます。

できたぼかしはサラサラとしていて扱いやすい物です。

使い方は、乾いた土と混ぜて生ゴミ処理(野菜や果物をのぞく)に使ったり、野菜栽培に使ったりします。

野菜栽培に使うときは、水やりの時にパラパラと根元を避けて土の上に少し蒔き、上に土をかぶせて水をあげます。かぶせないとありが来たりします。

あまり頻繁にあげるとチッソ過多になるので、野菜や花の様子を見ながら行います。

生ゴミ処理にぼかしを使うときは、野菜くずと混ぜると発酵して匂いがきつくなるので、野菜くずにはぼかしは使いません。

基本的に匂いの少ない生ゴミ処理をめざしているので、主に肉や魚の残渣、シンクのゴミ受けにたまった物などの処理につかいます。

私は最終的に庭に埋めているので、ベランダでは最後の埋める作業の時や、ぼかしあえが分解するときに臭いのする水分がプランターの底から出てくるので難しいと思います。なので今のところおすすめしません。

まず土をよく乾かします。臭いを取るのに乾いた土はすばらしい働きをします。生ゴミの水分を取り、発酵をうながしてくれます。土が乾いたらそれにぼかしを200ミリリットル入れて混ぜます。だいたい混ざればいいです。土はダイソーの200円蓋付きバケツに入れておきます。

もう一つ同じバケツを用意して、いちばん底に1㎝厚さに土を入れます。そして生ゴミをさっと入れて、上からまた土を生ゴミが見えなくなるように1㎝ほど全体にかぶせます。これを生ゴミが出る度に繰り返します。この時点でにおいはほとんどありません。

フタはいつもかぶせておきます。いっぱいになるまで生ゴミと土をいれたらフタをしてそのままおいておきます。また次のバケツに同じことを繰り返してそれがいっぱいになる頃に、最初のバケツにたまった物を地面に穴を掘って埋めます。穴の中にひっくり返したときには少しくさい臭いがします。上から土を被せると臭いはしなくなります。

からになったバケツはよく洗って乾かしておきます。臭いが付いたときは土をひとつかみ入れて水を少し足して洗うと臭いが取れます。

これが野菜果物以外の生ゴミ処理です。使う物は蓋付きバケツとぼかし少しと乾いた土です。

2014年4月 3日 (木)

チェーンホールコンポスト栽培

畑の畝でコンポスト化しながら、野菜や花を栽培する方法を考えました。

しかも油粕入りの簡単乳酸発酵堆肥を鎖のように、間隔をあまり開けないで掘った穴に

次々と入れていく方法です。臭いは土を軽くかけておくとほとんどありません。

この堆肥化にはヌカや落ち葉はつかいません。臭いのもとになるからです。

また、堆肥化の速度が他のコンポストと比べて土のようになるのが速いと思います。

キャベツやネギ、豆の根元にこの堆肥があっても、枯れることはありません。

2014年3月24日 (月)

プランターにも乳酸発酵堆肥を

プタンターの水分保持に乳酸発酵堆肥を穴を掘って埋めます。すると匂いもなく堆肥の水分で水やりの手間がはぶけます。

あんまり乾燥したときには水をやりますが、それでも入れないときにくらべると、すごく楽です。

また、花がたくさん咲いてきれいです。

この堆肥は植物の根の近くに埋めてもあまり悪い影響はないみたいです。

この堆肥を作るコツは肉魚は分別すること、2日間で発酵を終えて土の上に返すことです。長く発酵液につけると匂いがきつくなります。

プランターに入れるときは真ん中に直径10㎝程度の穴をまっすぐ底の方まで掘って、まだ野菜の形が残っている堆肥を詰めて上に少し土をのせておきます。

堆肥は最後にはほくほくの土に変わっていきます。

2014年3月21日 (金)

土の小山でコンポスト

直径1メートルの小さな小山を土で畑につくります。

そして中央に上から穴を掘ります。ちょうど火山のマグマのような感じで。

その中に1日処理した野菜果物残渣をいれて土を薄くかけます。匂いはありません。

また残渣が出たら入れて土をかけて、いっぱいになったらしばらくそのままにします。

山の斜面には野菜や花の種をまきます。私はゴボウやジャガイモ大根などをうえました。

2週間ぐらいして上から穴を掘ると、まだ上の方は堆肥化していませんが下の方は

ほくほくの土になっていました。これは堆肥として肥料に使えます。匂いはありません。

生ゴミが地面より上にあり、水分量や酸素量も十分にあるので、堆肥化の速度がかなり速いと思います。

2014年3月19日 (水)

生ゴミの水切り不要です。だって乳酸液につけておくから腐りません。

三角コーナーはうちにはありません。

野菜や果物の皮が水に濡れていても、そのまま水キムチのような乳酸発酵液に一晩つけるだけだからです。

でも部屋に置いていても全くにおいがありません。ただ食品残渣のうち肉魚残渣だけは確実に分別してふたのある小さな入れ物に入れておきます。そうすることで腐敗臭を防ぐことが出来ます。

水キムチを置いておいてもニンニク臭がするだけで腐ったにおいがないように野菜果物残渣もこの液に一日二日漬けておいてもにおいに変化はありません。

ただ長時間はダメです。畑の畝に穴を掘って野菜果物残渣を置き土をかけておきます。

腐らずに乾燥して土に戻ります。

肉魚残渣は、蓋付きバケツに乾いた土にヨモギ発酵液でつくったぼかしを混ぜたもので、サンドイッチ状態に重ねていき、いっぱいになったら二週間くらいおいて、畑に穴を掘って埋めます。

発酵しているので動物に荒らされることもないです。

コツはとにかく分別すること

野菜果物残渣は周りを乳酸菌でコーテイングして腐敗菌を押さえること、

また畑の水分保持の役目を持たせて野菜を大きくすることが出来るというメリットもあります。

でもスイカや瓜などはスズメバチを呼び寄せることになるので完全に土に埋めた方がいいと思います。

2014年3月 9日 (日)

簡単野菜果物堆肥を畝にのせる

畑の固定畝の1メートルおきに簡単野菜果物堆肥を土に穴を掘って、どんどんバサーっとのせていきます。

のせた後は軽く土をかけます。またたまったらその上にサンドイッチのようにのせます。

匂いはなく猫も来ません。このアイデアは外国のキーガーデンです。

鍵穴のように作った庭に真ん中に堆肥枠を設けて水分と養分を土にしみわたるようにするというアイデアです。

私は直線畝のほうが好きなので、堆肥を3か所に分けて置いていきます。ただし肉魚たい肥は別のところに土の中の埋めて多めに土をかけます。

野菜果物堆肥は野菜のすぐ根元に置いておいても大丈夫です。畝の水分保持の役割を持たせようという考えです。それによって植物の根で土を耕してもらい、ミミズに堆肥を栄養分たっぷりの土に変えてもらいます。

しばらくして掘り返してみると、思ったより早く堆肥化することがわかりました。

今までいろいろ生ごみ処理を経験しましたが、匂いや生ごみをいつまでも見ないといけないとか、ひっくり返すのに重いなどの欠点がありました。

米ぬかは野菜果物堆肥には使わないほうがいいと思います。理由は匂いで、かえって臭くなる様な気がします。

2014年3月 8日 (土)

我が家の簡単ぼかし

何でも簡単に が合言葉のうちのぼかしは発泡スチロールのリンゴ箱と青いごみ袋2枚で作ります。

買ってきたぬかに天恵緑汁を薄めて入れ、油粕、黒砂糖を入れ、ぐるぐるかきまぜます。

2重にしたゴミ袋を最初の袋の口をぐるぐる巻いて止め、外側の口をまたぐるぐるまいてとめます。

それをトロ箱に入れてできあがりです。嫌気発酵をします。

一ヶ月後に開けてみてすごくいい匂いになっていたらできあがりです。

これは肥料にはあまり使わずに肉魚生ごみ処理に土と混ぜて使うのですぐにはなくならず、長持ちします。小分けにして使います。

2014年3月 7日 (金)

乾燥した土生ごみ処理法

匂いのあるものを処理する時、乾燥した土ほど優れたものはないように感じます。

何よりお金がかからないし、容器が臭くなっても土を入れて水を少し入れてシャカシャカかき混ぜて水ですすぐと、あっという間に匂いがとれます。

ダイソーの200円ふたつきバケツもわが家には無くてはならないものの一つです。

生ごみ処理の中で野菜果物残渣以外のものは乾燥した土でサンドイッチにしてしばらく置いておく方法をとっています。

庭の土をよーく乾かしておきます。白っぽくなるくらいに。

それにぼかしをまぜます。たくさん入れません。すこしでいいです。これを200円バケツに

入れておきます。これが処理剤です。ほとんど土。

キッチンで出た肉や魚の骨、残飯などは1から2日分を用意します。

別の200円バケツにぼかし入りの乾燥土をそこに1㎝厚さに敷き詰めて、生ごみをいれます。コツは野菜果物残渣は別にすること、これが水分を少なくし腐敗をふせぐこつです。

匂いも少なくなります。

そして生ごみ一面に乾燥土を振りかけます。においもなくなります。あとはこれをバケツがいっぱいになるまでくりかえします。

いっぱいになったら最後が土で覆われた状態でふたをして庭の隅に次のバケツがいっぱいになるまでそのまま置いておきます。

最後は庭に穴を掘って埋めます。掘った土をかぶせて終了です。

忘れたころに土を掘ってみると鳥の骨や大きい魚の骨以外はほとんど土にかえってます。

乳酸油粕発酵液

油粕を水に漬けておくととっても臭い液肥ができますが、我が家では簡単乳酸発酵液に油粕を少し入れてほおっておいて、それを野菜作りや花にあげてます。

水だけだとペットボトルのふたを取った時にふきだしてきたり、うすめても匂いがたまらなかったりとたいへんですが、我が家の方法だとそれがありません。生ごみ処理[2回目醗酵)の時にそれを使うと野菜もすくすく大きくなります。

«簡単乳酸発酵液